DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:日本の政治
東日本大震災から2年あまり経過して、電力会社各社の天然ガスなど火力発電コストダウンのための努力不足と既得権益の解体を阻止するための発送電分離政策頓挫のために「原子力発電の再稼働」が条件付きとはいえ進められています。

さらにUAEやトルコに対して原子力発電所建造の優先交渉権を獲得し、原子力産業の衰退を免れようという現在の自民党政権のエネルギー経済政策です。

まず原子力発電の再稼働ですが、安定供給と価格上昇を抑えるためにやむを得ないと考えての「仕方ない賛成」が大多数と断固反対とで真っ二つでしょう。

仕方ない賛成の方に聞きたいと思うことは、

「本当に価格上昇を抑えるためだけ」だと勘違いしていませんか?

ということです。

原子力発電所の再稼働があろうとなかろうと「核廃棄物」が現存し、世界中に廃棄方法が定まらずに溢れています。

その核廃棄物処理を原子力研究分野の衰退によって遅れる可能性があります。

現状は発電すればするほど核廃棄物が発生し、その保存で一部の地域が割を食うことになります。

しかし「研究者が減ること」で核廃棄物の浄化技術などの遅れにもつながることは知っておくべきだと思います。

わたしは原子力発電を推進してほしいという意見ではありません。

現状で各国が「核廃棄物を持っていなければ」断固反対です。

しかし研究とは衰退産業では決して発達しないのが世の常です。

こればっかりは歴史が物語っているので、否定のしようがないです。


さて、原子力発電の再稼働に断固反対の方に聞きたいことは、

「中国と韓国で日本よりもリスキーな原発が稼働していることには無関心ですか?」

ってことです。

黄砂やPM2.5が飛んでくるように放射能も確実に飛んできますし、飛んできてるかもしれませんよ。

日本での再稼働の理由が「事故の再発」をメインに入れてる以上、中国と韓国に対しても訴えるのが筋です。

「国外だから関係ない」というなら無知を通り越して駄々っ子です。

それなら「中韓のために日本政府を潰したいから」と左翼発言してくれる方がスッキリします。




再稼働についてはどちらに転ぶにしても頭に置いておくべき最低限の知識はあると思っています。


ただ、わたしは原子力研究に予算と人員を投入して浄化手段の研究を続けていただきたいと思っています。

それが今後原子力発電技術とセットで外国へ対してのとてつもなく大きな収益に通じるでしょう。

おそらく本当に開発できたらアメリカを抜いてGDPトップになる可能性すらあると思います(笑)
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 いろんな問題を自分の意見で述べてみよう! all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。