DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:日本の政治
今日は憲法記念日ということで、昨今憲法論議が高まってきたことに乗っかって意見を述べたいと思います。

現在最大与党である自民党が憲法改正を提案しています。

草案としてのものもあるのですが、草案は穴だらけなので今は声を高らかに言ってる「96条」について考えてみました。

憲法96条は「この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。」

というもので、この衆参議員の「2/3」を「1/2」にしようというものです。


この案についてはわたしは賛成の意見を取っています。

理由は「一番大事なのはその後の国民投票での過半数以上」ということだからです。

議員の1/3以上が反対することで国民が改正したくても改正できないという事実は、「国民が国会を縛るための憲法」という論理を破綻させていると思うんです。

みなさんがどう考えるのか各々考え方があると思いますが、選挙権を持っている以上「あいつらが勝手にやった」という理屈が通用しないというのが民主主義国家なのです。

ただ、国民投票は「18歳以上」という通常の選挙権の「20歳以上」とギャップがあることも問題があるのですが・・・
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 いろんな問題を自分の意見で述べてみよう! all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。