DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:韓国
高岡蒼甫さんのツイッターで「フジテレビの韓流押し批判」からテレビ局に対する「韓国擁護放送」などが一般国民に広がっていったように思います。

ネットテレビに移行されてる方々は「もっと前だよっ!」と思ってる方もいらっしゃるでしょうけど、あの件で一般国民に対して「嫌なら見るな」発言などが飛び出したことを考えると影響は少なくなかったと思います。

さて、韓国はご存知の通り「反日教育」を官民一体で行っている国です。

あちらが嫌っていて、日本人も韓国を嫌う方が増えてなぜ国交が断絶しないのか?

おそらく「政治的決断次第」と思ってる方も多いでしょう。

しかしわたしはそれだけじゃないと思います。

日本の政治家に世界中から「韓国と断交することを許さない!」というプレッシャーをかけられていると思っています。

あくまで推察ですが、韓国の経済的保護者を辞めるということは韓国経済の暴落を意味します。

韓国の大企業は外資の株主で持っています。

日本が保護者を降りるとその欧米の株主たちは大損を被ります。

しいては韓国とFTA協定を結んでいる欧米が雇用を一気に失い、失業者が増えます。

要するに韓国経済は日本という傘を失うと信用を失うということですね。

韓国経済の内実が欧米の株主資本で持っている現実を考えると

損をしたくない資産家が日本にプレッシャーをかけて保護者になっておけ!というのは必然の流れになるんじゃないかと思います。

ですので、わたしの考え方は「欧米の投資家」が日本と韓国の断交を阻止している。ということです。

実際の物知りの方の見解はまた違うものだったりすると思いますが、これもひとつの要因ではないかと思います。


スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 いろんな問題を自分の意見で述べてみよう! all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。