DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:日本の政治
橋下大阪市長が一連の「慰安婦問題」の発言で大阪維新の会と日本維新の会の支持が下がっていることを支持団体に対して言いました。

逆風が吹いている中で~~



誰が逆風を起こしたのかわかってないような口ぶりでいけしゃあしゃあとよく言えたもんですね。

こういう書き方をしてるのですが、橋下氏の言ってる内容については概ね正しいことはわかっています。

しかしこういう発言が世間で曲解されることは予想できたはずです。

朝日を筆頭に日本の報道機関はすべて「左翼派」であり、テレビの報道で真実を伝えるところなど皆無なのです。

「慰安婦=強制連行=女性人権の侵害」という構造を作り出すのはわかりきっていたことです。

もちろん騙されてしまう馬鹿な国民ということも大きな要因ですが、それほどメディアの力は大きいのです。

橋下氏の発言をまとめると

「世界がやっていたことを日本がやって、日本だけが叩かれるのはおかしい。」
「自分は慰安婦を認めているわけでも必要としているわけでもない」
「当時の時代背景で女性の人権よりも軍の規律を守ることが優先されていた。」


ということが言いたかっただけでしょう。

偽善者の女性国会議員は「現在の感覚で」女性の人権侵害を認めていると橋下氏を攻撃してますが、彼女たちは日本語読解力が欠落しているんでしょうね。
福島瑞穂(趙春花)氏は帰化だから日本語が弱いんでしょうか?

橋下氏の言ってる米軍と風俗利用の話以外のことは本当の歴史を知っている人間であれば納得できるものです。

足りなかったことと言えば「慰安婦という制度十分でなかった場合はどうなっていたのか?」ということを引き合いに出すべきだったでしょう。

いわゆるライダイハン問題ってことです。

まぁ自分で騒ぎを大きくしてしまって、西村議員の発言で除籍にするのは政党の代表としてはいささか肝が据わってないと思いました。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 いろんな問題を自分の意見で述べてみよう! all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。