DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:歴史認識
先日の橋下大阪市長の慰安婦に関する騒動に対して国連から日本の政府の見解を求められているようだ。

相変わらずの韓国のロビー活動に国連は無知のまま要請に応えたというのが正しい見かたなんだと思います。

さて、この国連の説明要請に国側の立場としてなんと回答するのかは実に興味を引かれます。

数多くの講演を開き、そこで「矛盾を抱えた発言を繰り返す」元慰安婦の方々のビデオを持ち込み、矛盾点を指摘すること。

歴史的に1965年の日韓基本条約締結の際に個人賠償を韓国政府が断り、政府への援助金として要望されたことと、その時点では「慰安婦の言葉すら議題に上がらなかったこと」などを明確に伝えるべきだと思います。

慰安婦を兵士が利用していたことは日本に限らず世界各国で共通の事項です。

ただ、当時の慰安婦の給与は総理大臣以上のものであったことも証拠が残っています。

意にそぐわない職業だったとしても相応の対価があったことは一方的な人権侵害とは言えないと考えられます。
(戦後も続けていたと証言するならどんな言い訳をしても日本軍の強制がなく自発的にやっていたとしか考えられません)

数々の物的証拠と証言の矛盾をまとめて「政府見解」とすべきです。

慰安婦感情に配慮などという「証拠の無いもの」を認めるような馬鹿な回答だけは避けていただきたいものです。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:歴史認識
数日前に橋下大阪市長が「慰安婦問題」について独自の見解を述べていました。

個人的には言ってる内容が理解できましたが、ツイッターもまだチェックしてないのでテレビからの報道のみと理解してください。

そこで「とくダネ」で生出演していた橋下大阪市長の話は世間の方には受け入れにくい内容だったと思います。

現に知人に感想を聞くと橋下氏に対して批判的な意見を持つというのがオーソドックスなものでした。

ここで疑問にしたいのは「なぜ橋下氏は敢えて世界大戦の世界の軍隊のスタンダードのみで話そうとしたのか?」というとこです。

慰安婦制度がなければどうなっていたか?そこを過去の事例と照らし合わせて語ることをなぜしなかったのか?

きれいごとで済ませたい人間は「慰安婦が女性の人権への冒涜」と言います。

じゃあ「風俗業を一切なくして、性犯罪ゼロの世界を作る方法」を提示してください。

ノーベル平和賞間違いないですよ!

「出来もしない理想論を語るよりも現実的にどうやってゼロに近づけるか?」を考えるのが政治家だろう?

そういう意味では橋下氏の言ってることは解決策のひとつにはなり得る。

風俗に強制的に勤めさせていると思ってる議員は全国の風俗業の方にアンケート取るといいですよ。

本人が風俗の仕事を人権侵害というなら救済してあげてください。


橋下氏はライダイハンに触れるべきでしたね。

本当に強制すればどういう結果を生むのか?

混血児がいないことが全てを表しています。
DATE: CATEGORY:歴史認識
昨今なににおいても「歴史認識」を口にする韓国。

それとは別に戦勝国として中国が海洋大国の戦略として押し付けてくる「歴史認識」とやら。

それらを解決するために、ということでドイツとフランスの話を出してきた動画を観た。

簡略化して説明するとドイツとフランスはお互いに歴史認識を一致させようと何十年もかけてお互いの国の歴史学者が話し合い、最終的に「お互いの国の見識を交えた教科書を作成」という境地に至りました。

今現在ドイツとフランスはお互いの国の見解を乗せた教科書を共通の歴史教科書として使用しているという。

一見すると「日本と特定アジアもそうすればいい」と思いがちだが、これが不可能なことは少しでも中国人や朝鮮人を知っていれば誰でもわかることです。

ただし、お互いの国の歴史学者だけじゃなく多数の国(とりわけアジア諸国の)の歴史学者を交えて歴史文献や国際条約などをすべて踏まえた「客観的証拠に基づく正史」を作るとなると不可能ではないと思います。

しかしこれには大きな壁があります。

反日と称して自国に都合のいいように作ってきた捏造証拠がすべて暴露されるため、中国と韓国は国際的な信用を失墜させる可能性が高い。

そんなことをすれば国民が蜂起することもあり得るだけに中国や韓国にとっては「史実」は必要ないのです。

ただ日本からお金や利益をせしめるための口実が欲しい「歴史認識」という恫喝の言葉を失うのは彼らにとっては都合が悪すぎるのは明白です。




日本と特定アジアは分かり合えない。



そろそろそのことを前提にして外交を進めていく時期に来たのではないでしょうか

copyright © 2017 いろんな問題を自分の意見で述べてみよう! all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。