DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:日本の政治
日教組が公にしていた売国政党である民主党と社民党を支持政党から削除したらしい。

もちろん名目上のことだろうが、今回の参議院選挙で大敗したために国民の支持を得られないというのが理由という。

教育は国の基盤となる国民を育成するためのものなので、名目上とはいえ中国韓国の視点に偏った政党を支持することを公から除いたことは前進と言えるのかもしれません。

ただし、教育現場の自虐史観推進はまだまだ根深く残っており、今後とも「日本国民を育てる」という意味での教育は望めないと思います。

今の教育状態でも喜ばしいことはいくつかあるのですが、その代表的なものが「自分で考える人間が確実に出てくる」というものでしょう。

世論とは大多数の意見ですが、その世論は「流される思想の民衆」によって成り立っています。

自分で考える人間というのは本当に少ないと思いますが、今の自虐史観教育の中で自分でいろんな資料を見つけ、自分の考えを持ち、自分で発信していくという人物がいることは、本当の意味での人材なんじゃないかと思います。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:日本の政治
安倍首相の式辞

「 天皇皇后両陛下のご臨席を仰ぎ、戦没者のご遺族、各界代表多数のご列席を得て、全国戦没者追悼式を、ここに挙行いたします。
 祖国を思い、家族を案じつつ、戦場に倒れられた御霊、戦禍に遭われ、あるいは戦後、遠い異郷に亡くなられた御霊の御前に、政府を代表し、式辞を申し述べます。
 いとしいわが子や妻を思い、残していく父、母に幸多かれ、ふるさとの山河よ、緑なせと念じつつ、貴い命をささげられた、あなた方の犠牲の上に、いま、私たちが享受する平和と、繁栄があります。そのことを、片時たりとも忘れません。
 御霊を悼んで平和を祈り、感謝をささげるに、言葉は無力なれば、いまは来し方を思い、しばし瞑目(めいもく)し、静かにこうべを垂れたいと思います。
 戦後わが国は、自由、民主主義を尊び、ひたすらに平和の道をまい進してまいりました。
 きょうよりもあす、世界をより良い場に変えるため、戦後間もない頃から、各国・各地域に、支援の手を差し伸べてまいりました。
 内にあっては、経済社会の変化、天変地異がもたらした危機を、幾たびか、互いに助け合い、乗り越えて、今日に至りました。
 私たちは、歴史に対して謙虚に向き合い、学ぶべき教訓を深く胸に刻みつつ、希望に満ちた、国の未来を切り開いてまいります。世界の恒久平和に、あたう限り貢献し、万人が、心豊かに暮らせる世を実現するよう、全力を尽くしてまいります。
 終わりにいま一度、戦没者の御霊に平安を、ご遺族の皆さまには、ご健勝をお祈りし、式辞といたします。(2013/08/15-12:08)」


これにクレームつけるのは中韓と売国奴だけですねぇ・・・
DATE: CATEGORY:日本の政治
国語力があればナチスを称賛しているという意味でないことがわかる、という橋下大阪市長の発言通りです。

国語力がない政治家が世界に多いのと「一部分だけの切り出しで決めつける」という悪質なマスコミの手口が今回の問題を引き起こしているんだと思います



麻生副総理のシンポジウムでの発言を抜粋

僕は今、(憲法改正案の発議要件の衆参)3分の2(議席)という話がよく出ていますが、ドイツはヒトラーは、民主主義によって、きちんとした議会で多数を握って、ヒトラー出てきたんですよ。ヒトラーはいかにも軍事力で(政権を)とったように思われる。全然違いますよ。ヒトラーは、選挙で選ばれたんだから。ドイツ国民はヒトラーを選んだんですよ。間違わないでください。

そして、彼はワイマール憲法という、当時ヨーロッパでもっとも進んだ憲法下にあって、ヒトラーが出てきた。常に、憲法はよくても、そういうことはありうるということですよ。ここはよくよく頭に入れておかないといけないところであって、私どもは、憲法はきちんと改正すべきだとずっと言い続けていますが、その上で、どう運営していくかは、かかって皆さん方が投票する議員の行動であったり、その人たちがもっている見識であったり、矜持(きょうじ)であったり、そうしたものが最終的に決めていく。

私どもは、周りに置かれている状況は、極めて厳しい状況になっていると認識していますから、それなりに予算で対応しておりますし、事実、若い人の意識は、今回の世論調査でも、20代、30代の方が、極めて前向き。一番足りないのは50代、60代。ここに一番多いけど。ここが一番問題なんです。私らから言ったら。なんとなくいい思いをした世代。バブルの時代でいい思いをした世代が、ところが、今の20代、30代は、バブルでいい思いなんて一つもしていないですから。記憶あるときから就職難。記憶のあるときから不況ですよ。

この人たちの方が、よほどしゃべっていて現実的。50代、60代、一番頼りないと思う。しゃべっていて。おれたちの世代になると、戦前、戦後の不況を知っているから、結構しゃべる。しかし、そうじゃない。

しつこく言いますけど、そういった意味で、憲法改正は静かに、みんなでもう一度考えてください。どこが問題なのか。きちっと、書いて、おれたちは(自民党憲法改正草案を)作ったよ。べちゃべちゃ、べちゃべちゃ、いろんな意見を何十時間もかけて、作り上げた。そういった思いが、我々にある。

そのときに喧々諤々(けんけんがくがく)、やりあった。30人いようと、40人いようと、極めて静かに対応してきた。自民党の部会で怒鳴りあいもなく。『ちょっと待ってください、違うんじゃないですか』と言うと、『そうか』と。偉い人が『ちょっと待て』と。『しかし、君ね』と、偉かったというべきか、元大臣が、30代の若い当選2回ぐらいの若い国会議員に、『そうか、そういう考え方もあるんだな』ということを聞けるところが、自民党のすごいところだなと。何回か参加してそう思いました。

ぜひ、そういう中で作られた。ぜひ、今回の憲法の話も、私どもは狂騒の中、わーっとなったときの中でやってほしくない。

靖国神社の話にしても、静かに参拝すべきなんですよ。騒ぎにするのがおかしいんだって。静かに、お国のために命を投げ出してくれた人に対して、敬意と感謝の念を払わない方がおかしい。静かに、きちっとお参りすればいい。

何も、戦争に負けた日だけ行くことはない。いろんな日がある。大祭の日だってある。8月15日だけに限っていくから、また話が込み入る。日露戦争に勝った日でも行けって。といったおかげで、えらい物議をかもしたこともありますが。

僕は4月28日、昭和27年、その日から、今日は日本が独立した日だからと、靖国神社に連れて行かれた。それが、初めて靖国神社に参拝した記憶です。それから今日まで、毎年1回、必ず行っていますが、わーわー騒ぎになったのは、いつからですか。

昔は静かに行っておられました。各総理も行っておられた。いつから騒ぎにした。マスコミですよ。いつのときからか、騒ぎになった。騒がれたら、中国も騒がざるをえない。韓国も騒ぎますよ。だから、静かにやろうやと。憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。だれも気づかないで変わった。あの手口学んだらどうかね。

わーわー騒がないで。本当に、みんないい憲法と、みんな納得して、あの憲法変わっているからね。ぜひ、そういった意味で、僕は民主主義を否定するつもりはまったくありませんが、しかし、私どもは重ねて言いますが、喧噪(けんそう)のなかで決めてほしくない


終わり

みなさんはこれを全て読んで「ナチス称賛」と思いますか?

思う方は小学生の国語ドリルから復習すべきです。
DATE: CATEGORY:日本の政治
先日の福島瑞穂氏の社民党党首辞任に続いて、日本維新の会の橋下徹共同代表が辞意を示した。

幹部たちは代表に慰留を呼び掛けていますが、恐らく
「体裁」を繕うための茶番だと思っています。

結論として共同代表のままで行くことでしょう。


だいたいからして橋下徹氏が代表じゃなければ今の時点では日本維新の会という名前自体がおかしく見えてしまいます。

良くも悪くも口の悪い代表二人がいることが面白さの要因でもあると思います。

一応の褒め言葉です(笑)
DATE: CATEGORY:日本の政治
むしろ議員辞任してほしいくらいですが、党首を降りるとのこと。

社民党やみどりの風なんかはあからさまな朝鮮系政党でしたから、1議席ですら与えたくはなかったです・・・

みどりの風は議席ないですけどね(笑)

copyright © 2017 いろんな問題を自分の意見で述べてみよう! all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。